ボンド通信
ボンド通信

HOME > ボンド通信  > 勉強会に行ってきました

ボンド通信
news

img_blog

勉強会に行ってきました

2018年2月7日

 

 

院長の中馬です。

またまたアップできていなかった勉強会シリーズ
年をまたいでの3回分!

 

まずは腫瘍のアップデート

 

IMG_0020

 

わんちゃんねこちゃんで遭遇することの多い悪性腫瘍のひとつ『リンパ腫』

今回新しく学んだことのひとつとして、以前のステージ分類でいうと、リンパ腫の診断がついた時点でがすべてがステージⅤだということ

ステージⅣとⅤの差は末梢血中に腫瘍化したリンパ球が出現しているかどうかですが

昨今は種々の検査器機の精度が上がり、末梢血をPCR法にかけると腫瘍化したリンパ球が検出されるとのこと

リンパ腫は一般的に中央生存期間が1年という難しい病気ですが、抗癌剤が効果を示す腫瘍でもあります

今回学んだことで少しでも病気の寛解につながるようまた日々の診療に反映させていけられればと思います。

 

次は、

またまた前回に続きまして整形外科の実習も兼ねたJAHAの勉強会、第四回

つぎで最終となりました。

 

IMG_1932

 

またまた基本にかえって今回はDCPプレートを用いたプレート固定法について

橈尺骨など長骨の骨折整復には欠かせない手技

昨今ではロッキングプレートを用いて手術されることも多い手技です

ただしそのロッキングプレートでも、考え方や基本であるプレートの設置やベンディングなどはDCPプレートが発展したもの

今回も実習なので内容も盛りだくさんでした

 

つぎ、

もうひとつも整形外科 VOA JAPAN

 

IMG_0019

 

 

今回の内容は『橈尺骨骨折』

トイ犬種の橈尺骨骨折は遭遇する頻度の最も多い骨折のひとつです

手術手技としては最近では上述した通りロッキングプレートを用いた整復固定法が全盛ですが、状況によりDCPプレートや創外固定法も選択肢として有用な手技であることを再認識

癒合不全にも陥ることのある病態ですので確実な固定が大事だとも再確認

アプローチ動画も交え、大変有意義な勉強会となりました。

 

勉強会参加に伴い休診をいただき患者様にはご迷惑をおかけして申し訳ありません

最後に勉強会への道中で新幹線よりパシャリ

IMG_0017

 

♪Always Beautiful Mt.FUJIYAMA♪

 

一覧に戻る

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
ボンド動物病院

〒572-0019
寝屋川市三井南町14-1

TEL.072-803-8282
TEL.072-803-8282
  • 診療対応動物:犬・猫
  • 駐車場あり(院前5台分)
診療時間

▲ページの
先頭へ戻る

勉強会に行ってきました

 

 

院長の中馬です。

またまたアップできていなかった勉強会シリーズ
年をまたいでの3回分!

 

まずは腫瘍のアップデート

 

IMG_0020

 

わんちゃんねこちゃんで遭遇することの多い悪性腫瘍のひとつ『リンパ腫』

今回新しく学んだことのひとつとして、以前のステージ分類でいうと、リンパ腫の診断がついた時点でがすべてがステージⅤだということ

ステージⅣとⅤの差は末梢血中に腫瘍化したリンパ球が出現しているかどうかですが

昨今は種々の検査器機の精度が上がり、末梢血をPCR法にかけると腫瘍化したリンパ球が検出されるとのこと

リンパ腫は一般的に中央生存期間が1年という難しい病気ですが、抗癌剤が効果を示す腫瘍でもあります

今回学んだことで少しでも病気の寛解につながるようまた日々の診療に反映させていけられればと思います。

 

次は、

またまた前回に続きまして整形外科の実習も兼ねたJAHAの勉強会、第四回

つぎで最終となりました。

 

IMG_1932

 

またまた基本にかえって今回はDCPプレートを用いたプレート固定法について

橈尺骨など長骨の骨折整復には欠かせない手技

昨今ではロッキングプレートを用いて手術されることも多い手技です

ただしそのロッキングプレートでも、考え方や基本であるプレートの設置やベンディングなどはDCPプレートが発展したもの

今回も実習なので内容も盛りだくさんでした

 

つぎ、

もうひとつも整形外科 VOA JAPAN

 

IMG_0019

 

 

今回の内容は『橈尺骨骨折』

トイ犬種の橈尺骨骨折は遭遇する頻度の最も多い骨折のひとつです

手術手技としては最近では上述した通りロッキングプレートを用いた整復固定法が全盛ですが、状況によりDCPプレートや創外固定法も選択肢として有用な手技であることを再認識

癒合不全にも陥ることのある病態ですので確実な固定が大事だとも再確認

アプローチ動画も交え、大変有意義な勉強会となりました。

 

勉強会参加に伴い休診をいただき患者様にはご迷惑をおかけして申し訳ありません

最後に勉強会への道中で新幹線よりパシャリ

IMG_0017

 

♪Always Beautiful Mt.FUJIYAMA♪