診療案内
診療案内

HOME > 診療案内  > 去勢・避妊手術

去勢・避妊手術
contraception

去勢・避妊手術

去勢・避妊手術について

去勢手術・避妊手術は、全身麻酔を行い、オスの場合は精巣、メスの場合は卵巣と子宮を取り除く不妊手術です。
当院では、大切なペットが健康で長生きできるよう、この去勢・避妊手術をおすすめしています。
不妊手術を行うことで、オスの場合は精巣腫瘍・前立腺肥大症・会陰ヘルニア・肛門周囲腺腫、メスの場合は乳腺癌・子宮蓄膿症・子宮ガン・子宮内膜炎など老後、比較的発症率の高い病気の発症リスクを下げることができます。

また、去勢・避妊手術をすることで、行動面で攻撃性を低下させ、のぞまない妊娠を防いだり、遠吠えなどを減らせるなどの効果もあります。

去勢・避妊手術の特徴

メスの避妊手術

  • 望まない妊娠を防ぐことができる
  • 子宮蓄膿症などのメス特有の病気になる確率の低下
  • 発情の出血、発情のストレスがなくなる
  • 偽妊娠などの行動がなくなる

オスの去勢手術

  • オス特有の病気になる確率の低下
  • 発情のストレスがなくなる
  • 望まれない繁殖を防ぐことができる
  • 攻撃性の低下
  • マーキング、マウンティングが減ることがある

手術をおこなう時期

生後6~7カ月が目安になります。
メスの場合、初めての発情前(生理前)に避妊手術をおこなえば、乳腺腫瘍の発症を高い確率で予防することができます。
一度発情期を迎えると、発情期が周期的にやってきて苦しむことになる場合もありますので、早めの手術をおすすめしています。

※全身麻酔が必要なため、健康な状態であることが大前提です。

手術内容

オスの手術時間は約30分程度、メスは約45分程度です。
手術は全身麻酔をしてから行います。

※オス:睾丸摘出、メス:卵巣全摘出

ボンド動物病院

〒572-0019
寝屋川市三井南町14-1

TEL.072-803-8282
TEL.072-803-8282
  • 診療対応動物:犬・猫
  • 駐車場あり(院前5台分)
診療時間

▲ページの
先頭へ戻る