診療案内
診療案内

HOME > 診療案内  > 整形外科

整形外科
orthopedics

整形外科

整形外科について

ボンド動物病院では、整形外科の症例も非常に多く、大腿骨頭切開術や膝関節整復術、骨折整復術を行っています。
落下、交通事故など様々な原因によって、骨折、脱臼、靱帯断裂などが起こります。

動物が急に前足や後足を地面に着けなくなったり、体や腰がふらつくようになったなど、症状は多岐にわたります。いつもと歩き方などが違う症状があれば、注意が必要になります。

こんな症状ありませんか?

  • 体重が増加した
  • 歩き方がぎこちなくなった
  • 誰かが帰ってきてもお迎えに行かなくなった
  • 散歩の時、歩く距離が短くなった
  • 階段を登りたがらない
  • ジャンプしなくなった
  • なんとなく元気がない
  • 横になっている時間が長くなった
  • 関節を触られるのを嫌がる

このような症状がある場合、整形外科疾患の可能性がありますので、早期検査が必要になります。

主な整形外科疾患

骨折

前腕骨遠位骨折(手首近くの骨折)は超小型犬の成長期に多い怪我です。
脛骨粗面の剥離骨折は大型犬の成長期に過剰な運動負荷などが原因でで起こります。
猫では交通事故や落下事故による骨折が多く見られます。

予防としては、階段の昇り降りをさせない、ソファー等の高いところからのジャンプをさせないことなどが挙げられます。

脱臼

膝蓋骨(膝のお皿)の脱臼は犬に多いトラブルです。そのままにしておくと関節の変形や後述する前十字靭帯の断裂を起こしやすくなります。
股関節のトラブルは小型犬にも大型犬にも多発します。的確な診断と治療が大切です。
当院では検査と臨床症状で慎重に外科適応か判断しております。

靱帯損傷

事故や運動中に靭帯の損傷が良く起こります。
前十字靭帯の断裂は中年期の太り気味の犬に多く、放置すると半月板の損傷を併発し関節炎が悪化します。
当院では関節内法、関節外法など手術を患者さんの状態にあわせて行っています。

椎間板ヘルニア

ダックスフンドなどに多発します。人の同症に比べ発生部位がより中枢寄りのため重症になることが多く、手術になることも多々あります。
足がもつれたり立ち上がれない等の症状がある場合には速やかな診断と治療が必要です。
麻酔をかけて脊髄造影検査やCT撮影などにより診断します。必要な場合には脊椎骨に窓を開け、脱失した椎間板を取り出し、減圧する手術を行ないます。

ボンド動物病院

〒572-0019
寝屋川市三井南町14-1

TEL.072-803-8282
TEL.072-803-8282
  • 診療対応動物:犬・猫
  • 駐車場あり(院前5台分)
診療時間

▲ページの
先頭へ戻る